262YES181を合言葉に

ジョリーロジャー株式会社が運営している

 

ZEROIDENTITYPROJECTとは「262YES181」を合言葉に世界格差の歪みをなくし、皆が平等に生きていける仕組みを創る取り組みを私達は「ZEROIDENTITYPROJECT」と呼んでいます。

 

高度成長期の所謂パイプライン制度といわれた時代。

 

学校で勉強をし大学を出れば全てが保証されたと言われる仕組み(パイプライン)に対してNOと主張をします。

 

何故ならば、それを教育と呼び信じて進んだ結果、現代社会に適用できず落ちこぼれが生まれ、フリーター、引き蘢り現象を起こしているからです。

 

もっとも、旧戦後教育で成り立つぐらい好景気が続き、本当に勉強だけ身に付け、ロボットのように働ける楽な世の中であるならば良いのですが、現実は違います。

 

だから私達は社会組織の歪み262といった必要悪である格差をなくし181へと修正します。

 

そして・・・

 

世界中でもこの歪みが生じているのです。貧困、戦争、環境破壊。その先に平和や希望があるのでしょうか。

その答えに気がついた今、もう一度私達は考えをリセットする必要があるのです。

 

例えば、大手企業や世界では環境破壊を止めようと排気ガスの排出を「ZERO」に近づける活動をしています。

 

マイナスである答えを「ZERO」に戻そうとしているのです。

 

行き過ぎた商業行為に気が付かず、これで良いと決めつけてはいませんか。

 

こうあるべきだという考えを一度リセットしてみる。

 

それが「ZEROIDENTITY」

 

​ もう一度問いかけてみる

 

人はどうあるべきなのか?

 

​何を大切にしていくべきなのか?

 

​企業はどうあるべきなのか?

 

​ 国はどうあるべきなのか?

 

​​地球はどうあるべきなのか?

 

もう一度問いかけてみる

東京都港区北青山3-5-5

​ティアラ北青山ビル5F

Call Us:

03-6894-0853

© 2013by Secondship.